FC2ブログ

名古屋港ガーデンふ頭ウオッチング 6.

カテゴリー: 名古屋港

 名古屋港ガーデンふ頭ウオッチング 6.

ポートビルの東側にある緑地に🗿モアイ像があるのを見つけました。

 480x360-P1340474
1.モアイ像とポートビル

 以前、私は九州の宮崎の日南海岸へ旅行した際に、
サンメッセ日南という 🗿モアイ像のテーマパークに立ち寄った事があります。

日南の海を見下ろす崖の上に、イースター島のモアイを完全にコピーした大きな🗿モアイ像が、
イースター島方向を向いてたくさん並んで立っていました。

イースター島は南米チリの海上にあり、日本から見ると太平洋上だけれども
地球の裏側にある?とも言えますし、その像は何故か強烈な印象が残っています。


 480x480-P1340475
2.謎の巨石像モアイの解説板


 1500x1481-P1340476 S
3.このモアイ像は世界デザイン博覧会 1989年(平成元年)で展示されました。と書かれている。


480x360-P1340468
4.ヤシの木と名古屋港湾の眺め

日南海岸にもヤシの木が沢山ありました。 今 思い出に浸っています。


          🗿    

スポンサーサイト



梅雨の晴れ間の白川公園で

カテゴリー: 写真

 梅雨の晴れ間の白川公園で

日曜日、伏見の富士フォトサロン名古屋に行ったついでに
歩道橋を渡って向かいの白川公園へ行ってみました。

 480x360-P1350580
1. 7月12日 11時10分 撮影

 480x360-P1350581
2.写真展示のある風景

 480x360-P1350582
3.白川公園の広場への道

 480x360-P1350583
4. 林と彫刻

 480x360-P1350584
5. 林と木漏れ日


 1000x1000-P1350586 S
6. 久々の晴れ間で


 1200x1200-P1350587 S
7.噴水のある広場 1.


 480x403-P1350588
8.噴水のある広場 2.


 1200x946-P1350589 S
9.噴水を見る二人


 1000x887-P1350590 S
10.科学館と噴水


 1145x985-P1350591 S
11.若者たち


 1200x1200-P1350592 S
12. こもれびの下で

            







サン・ルウ写真談話会 作品展

カテゴリー: 写真展

 サン・ルウ写真談話会 作品展
会期: 2020年7月10日(金)~16日(木)
会場: 富士フィルム名古屋ビル1階 富士フォトサロン名古屋

 480x360-P1350579
1.富士フィルム名古屋ビルのある伏見通り

 480x360-P1350568
2.富士フィルム名古屋ビル1階

 360x480-P1350569
3.富士フォトサロン入口

 640x480-P1350570 S
4.案内をいただいた宮崎宗春さんの作品の前で


 480x360-P1350578
5.「東京2020」宮崎宗春  題名と作者名


480x360-P1350577
6.会場風景


 480x360-P1350575
7.講師の井戸田和彦さんとその作品
丁度宮崎さんと一緒に受付当番をされていました。

 360x480-P1350576
8.「普陀洛へ」井戸田和彦

9.宮崎さんと私 480x405-P1350573
9.宮崎さんと私

           

ベランダ日記・アサガオ

カテゴリー: 雑記

 ベランダ日記・

 480x360-P1350556
1.雨の日の朝顔の花


 360x480-P1350566
2.別の日の青色朝顔


 360x480-P1350546
3. 朝顔



                

小林雅英 名古屋展

カテゴリー: 絵画展

 小林雅英 名古屋展
日時: 2020年6月15日(月)~26日(金)11:00~18:00(日曜休み)
会場: 日動画廊 名古屋(名古屋市中区錦2丁目19-19)
      地下鉄伏見駅3番出口を広小路通りを東へ200メートル

私が今受講しているNHK文化センター栄教室「絵を描くためのアドバイス」で講師をされている小林雅英先生が、
日動画廊で4年ぶり8度目の個展をされています。
東京展は4月に開催されたのですが緊急事態宣言により会期途中の1週間で終了したということでした。
作品は30点以上あり、色彩がとても爽やかで心が癒されました。 


480x411-P1350531
1.日動画廊入口


 360x480-P1350534
2.この日は午前中雨でした 
  真向いの大きなビルが写っています。


480x360-P1350535
3.「ブルターニュの入り江」100号の前で小林先生と